文字サイズ
上越老人福祉協会の法人概要

上越老人福祉協会の法人概要 上越老人福祉協会の法人概要

沿革と歴史

沿革と歴史

社会の生活構造が大きく変わり、それと共にいよいよ日本が高齢社会を迎えようとする状況下、昭和38年に老人福祉法が施行された。新しい老人福祉法の施策の柱のひとつに特別養護老人ホームを全国に整備することがあった。しかし、新潟県上越地域では、老人福祉法の施行から10年が経過しても、未だ特別養護老人ホームも整備されない状態で、どうしても老人福祉を推進するための母体を確立する必要があった。

上越地域22市町村、民生委員協議会、婦人会等の行政や各種団体の強い要望から、特別養護老人ホームいなほ園を設置経営することを目的に、社会福祉法人上越老人福祉協会が川室道隆前理事長の尽力により設立された。設立認可日は昭和48年11月20日である。

昭和49年5月11日、上越地域初、県下5番目の特別養護老人ホームとして、いなほ園が開所された。以来、当法人は常に上越地域の老人福祉について、大きな役割を果たしてきた。

現在、上越老人福祉協会は12事業種、事業数としては26事業を実施運営する。

沿革と歴史

創設者
故川室道隆前理事長

昭和 48年11月 厚生省より法人設立認可される
49年5月 特別養護老人ホームいなほ園設立開所
平成 3年4月 いなほ園痴呆性老人専用棟30床開所
いなほ園定員135名に増床
7年4月ケアハウス上越受託運営
8年5月 特別養護老人ホーム新光園開所
9年4月 老人保健施設高田の郷開所
グループホーム敬寿(9月開所)併設
10年5月 グループホームなかよしの家開所
11年10月 いなほ園移転改築工事竣工
12年5月 グループホーム宝寿の家開所
13年4月 いなほ園在宅複合施設開設
(SS・DS・ケアハウスみのりの家)
特別養護老人ホームいなほ園移転改築完了
16年2月 グループホームなかよし寿の家
移転開所(定員18名:2ユニット)
17年4月 楽・らく寿の里開所
23年12月 グループホーム百寿の家開所
25年4月 石田記念福祉館(JOCO)開所
27年4月 いなほ園サテライト施設米岡の郷開所
28年10月 本町楽寿の家開所
ページトップに戻る
法人概要 事業所
サービス種別 介護事故予防に関する指針
苦情解決 各種申込書・料金表
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針

Copyright (C) 上越老人福祉協会. All Rights Reserved.